シミ対策

ハイドロキノン 比較で分かる濃度と価格!市販の人気クリームを厳選

投稿日:

こちらのページを見つけてくれたアナタは、きっと、ハイドロキノン配合クリームの中でも特に評判の良いものをお探しなのでしょう。

ここでは3,000円以内で試せる4つのハイドロキノン入りクリームをご紹介します。

世の中には1,000円台で購入できる格安クリームもありますが、今回はあまりにも安すぎるアイテムは省いています。あくまでも化粧品ブランドとして一定の信頼がおかれているブランドだけを取り上げています。

こちらをご覧いただくことで、安いだけで粗悪だったり、評判が悪かったり、肌への刺激が強すぎる、といったハズレを誤って購入してしまうことなく、ご自身が本当に求めている素敵なアイテムに出会えるはずです。

ハイドロキノン 比較のポイントは?

まず最初に、ハイドロキノン配合クリームを比較するときに、これだけは最低限おさえておきたいというポイントをお伝えします。

ハイドロキノンの濃度を比較する

ハイドロキノン入りの化粧品を選ぶときに、必ず確認しておかなければならないのがハイドロキノンの濃度です。

以前は、化粧品に配合することのできる濃度は2%まで、医師に処方してもらう場合は5%まで、というルールがありました。

現在では通販を利用すれば、医師に処方してもらわなくても5%濃度はもちろんのこと、10%濃度のものさえ手に入れることができます。

では、2%または5%といった濃度の基準はもう関係なくなったのかというと、そんなことはありません。自分でハイドロキノン入りクリームを選ぶときの基準として使うことができます。

2%程度であれば比較的安全に使用できる範囲だと考えることができます。5%くらいになると、効果も強くなるかも知れませんが、本来ならば医師の指導を受けた方が良いくらいの強力さであり、肌への刺激もそれだけ強くなることを自覚しておくべきでしょう。

また、基本的にはハイドロキノンの濃度はより低いものから始め、肌が赤くなる、皮がむける、シミがかえって濃くなる、といった心配な反応が出ないことを確認する必要があります。

肌に異常が現れず、なおかつ、もう少し強い効き目がどうしても欲しいときに少しずつ濃度を上げていく、という方法が万が一の肌トラブルのリスクを避ける、堅実なスキンケアだといえるでしょう。

ハイドロキノンの価格を比較する

次に価格も要チェック項目です。

基本的にはハイドロキノン濃度が高いほど高額になります。

しかし、有名ブランドの低濃度ハイドロキノンよりも、無名ブランドの高濃度ハイドロキノンの方が安いというのはよくあること。

有名ブランドほどベースの成分に良いものを使っていたり、香りにもこだわっていたりと、ハイドロキノン以外の要素にお金を使っているので、その分価格が高くなるのかも知れません。

あるいは、有名ブランドの製品は医師や博士号を取得した研究者によって開発されており、開発費がかかっている分だけ高くなるといった事情もあるでしょう。

逆の見方をすれば、化粧品としての完成度や付加価値を求めないのであれば、無名ブランドのハイドロキノン入りクリームの方がコスパは良くなるともいえます。

どちらも一長一短があるのでよく検討してから決めましょう。

単品購入か、トライアルセットかで値段も変わる

ここでは3,000円以下で試せるハイドロキノン入りクリームを取り上げますが、中には単品のものもあればトライアルセットのものもあります。

単品のものは内容量が多く長期間使うことができますが、お値段は高めになります。

反対にトライアルセットは内容量が単品に比べて少ないので、短期間しか使えませんがお値段はかなり安くなっています。

また、トライアルセットでは現品で揃えたらかなりの高額になるアイテムをライン使いすることができます。

最初から長期間使う前提であれば、単品のものを選ぶ方が良いでしょう。反対に、最初からあまりお金は使わずに、とりあえず試してみたいという場合はトライアルセットの方が色々なアイテムをリーズナブルに試すことができます。

ハイドロキノン以外の要素を比較する

化粧品の効果は総合力で決まります。

いくらハイドロキノン濃度が高くても、化粧品としての配合が悪ければ効果は期待できないでしょう。反対に、配合が優れていれば、たとえハイドロキノン濃度はそれほど高くなくても、美しい肌へと導いてくれる可能性が高いでしょう。

ハイドロキノン以外にどのような成分が含まれているのかにも注目しましょう。例えば、良い保湿成分が入っているか、エイジングケアに役立つ成分が入っているか、などです。

また、ライン使いができるトライアルセットの場合は、いくつものアイテムを組み合わせることによる効果も期待できます。ハイドロキノン入り化粧品以外にも、魅力的な効果を持つアイテムが含まれているかどうかも、ぜひチェックしておきたいポイントです。

以上のような比較のポイントを参考に、これからご紹介する4つのアイテムを見比べてみてくださいね!

1位

アンプルール「ラグジュアリーホワイト」トライアルキット




>>美白ケアトライアルキット

 

価格:1,890円1,500円(期間限定)
ハイドロキノン濃度:2.5%(コンセントレートHQ110)

【トライアルセットの内容】

  1. クレンジングミルクN(クレンジング)2包
  2. ウォッシングフォームN(洗顔料)2包
  3. ローションAO II(化粧水)20ml
  4. エマルジョンゲルEX(美容乳液ゲル)10g
  5. コンセントレートHQ110(集中美容液)3ml
  6. 薬用アクティブフォーミュラII(薬用美容液)8ml

アンプルール ラグジュアリーホワイト

アンプルールは医師の監修でつくられているドクターズコスメ。ラグジュアリーホワイトをライン使いした場合、濃度2.5%のハイドロキノンはコンセントレートHQ110(集中美容液)のみ。

ローションAO(化粧水)には濃度の低いハイドロキノンが配合されている。濃度の高いハイドロキノンを顔全体に使用すれば副作用のリスクも高まるため、高濃度はピンポイント用とし、顔全体用は濃度を低くすることで安全性を高めている。ハイドロキノン以外にも、肌への刺激の小さい美白成分「アルブチン」も配合。

さらに、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kや、保湿力のあるセラミドも3種類(1、3、6II)も配合されている。ハイドロキノンでシミやくすみに積極的に攻めつつ、肌に潤いを与えて肌荒れを防ぐなど、守りもしっかりしているのがうれしい。

こんな方におすすめ

  • 濃度高めのハイドロキノンで本格的にケアしたい。
  • リスクが心配なので、医師の監修は歓迎。
  • ライン使いで、トータルなケアをしたい。
  • 美白だけでなく、肌の保湿にもこだわりたい。

 

公式サイトをチェック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

今だけ1,500円!


商品購入ページへ

 

2位

ホワイトHQクリーム(ランテルノ)




>>ランテルノホワイトHQクリーム

 

価格:2990円
ハイドロキノン濃度:5%
容量:10g

プラセンタ、進化型ビタミンC誘導体も配合

ホワイトHQクリームはトライアルセットではなく、正規品での購入となる。約1カ月~1.5カ月間使えるので、お試しというよりも最初からある程度の期間使いたい人向け

また、ハイドロキノン濃度も5%なので美白効果は強力になるが、その分、肌への刺激も強くなる。効き目とリスクを天分にかけて判断する必要がありそうだ。

成分としてはハイドロキノン以外にも、

  • APPS(進化型ビタミンC誘導体)…美白効果や毛穴を小さくする働きが期待できる。
  • レチノール(ビタミンA)…ターンオーバーをサポートする働きが期待できる。
  • カンゾウ根エキス…抗炎症作用を持ち、肌荒れを防ぐ。
  • セラミド(4種類)…肌を乾燥から守り、バリア機能を高めて肌荒れを防ぐ。
  • プラセンタエキス…保湿と美白の働きが期待できる。
  • 水溶性コラーゲン…高い保湿力で肌に潤いを与える。

などが含まれている。

有効成分が多いので、これまでのスキンケアにこれを1本足すだけ、という使い方でも良さそう。

美白ケアのためにスキンケアをがらりと変えたくはない。これまでのスキンケアはそのままで、お助けアイテム的に美白ケア用化粧品を何か1つ取り入れたい、という人にはコレ。

公式サイトからだと送料無料で購入でき、アマゾンアカウントが使えるので持っている人は手続きも簡単。

 

 

公式サイトをチェック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 


商品購入ページへ

 

3位

ビーグレン「ホワイトケア」トライアルセット




>>出来てしまったシミを薄くするb.glen

価格:1,980円
ハイドロキノン濃度:1.9%(QuSomeホワイトクリーム1.9)

【トライアルセットの内容】

  1. クレイウォッシュ15g
  2. QuSomeローション20mL
  3. Cセラム5mL
  4. QuSomeホワイトクリーム1.9 5g
  5. QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7g

ホワイトケア トライアルセット

浸透力を高めたビタミンCはビーグレンの強み。ビタミンCには皮脂の量をコントロールしたり、炎症を鎮める働きが期待できる。過剰な皮脂を抑えて毛穴を目立ちにくくしたり、ニキビを防ぐことで美肌づくりを目指せる。

ビーグレンのハイドロキノン濃度は1.9%と決して高くはない。その分、浸透力を高めて、角層のすみずみにまで行きわたり、効果を発揮するように設計されている。また、優れたビタミンCがあるため、ハイドロキノンだけに頼らない美白ケアが可能に。365日間返品・返金保証付きなので試しやすい。

こんな方におすすめ

  • 毛穴やニキビの悩みもある。
  • ニキビ跡を消したい。
  • ハイドロキノンは慎重に取り入れたい。
  • ビタミンCによるスキンケアもしたい。

 

公式サイトをチェック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

プレゼント残りわずか!


商品購入ページへ

 

4位

ハイドロキノン集中美白クリーム




>>【ハイドロキノン集中ケアクリーム】


価格:4,900円(初回限定999円
ハイドロキノン濃度:3%
容量:30g

毛穴やニキビ対策の有効成分がたっぷり

こちらもライン使いのトライアルセットではなく、単品で購入するタイプ。ハイドロキノン濃度は3%とやや高め。そして、ハイドロキノン以外の美容成分が配合されており、特にニキビ対策や毛穴対策用の化粧品に配合されることの多い成分が充実している。

グリチルリチン酸2Kとカンゾウ根エキスは抗炎症作用を持ち、ニキビ対策クリームなどにも配合される成分。

トコフェノール(ビタミンE)は抗酸化力のあるエイジングケア成分で、過剰な皮脂の分泌を抑える働きも。ローズマリー葉エキスにも抗菌作用、抗酸化作用がある。

 

美白ケアもしたいけど肌荒れが心配、ニキビも気になっている、という人にはとても良さそう。

ただし、定期コースを申し込む際には条件をしっかり確認しておくこと。

初回価格は999円(税込)と非常に安いものの、2回目以降に値段が上がり、なおかつ4回の購入が条件となっている。

そのため「1回だけ安い値段で試してみたい」という人には向いておらず、じっくり時間をかけて美白ケアをしたい人向けといえる。

また、料金には海外送料+梱包手数料の350円も追加されるので、これを含めると、4回分購入するために必要な料金は次のようになる。

  • 初回…1,349円
  • 2回目…3,250円
  • 3回目…4,760円
  • 4回目…4,760円
  • 初回~4回目の合計…1万4,119円

30gを約1カ月で使い切ることを想定すると、1万4,119円で約120日分ということに。これを1日あたりに換算すると約117円となり、十分にリーズナブルであることが分かる。

少し細かい話をすると、こちらの商品はハイドロキノンとしては珍しく1コあたり30gも入っており、これを4回購入すると120gに。普通に使っていれば4カ月以上長持ちする量といえるかもしれない。そうなれば、実際のコスパはもっと良いということに…。ただし、ハイドロキノンは酸化によって品質が低下しやすく、肌への刺激にもつながるので、量は多いとはいえやはり1カ月程度で消費しなければならないだろう。

膝や肘、くるぶしなどの黒ずみ対策にも使えるので、量が多いと感じたら顔以外の部位に回すのもよいかもしれない。

ハイドキノン3%のやや濃いめの濃度で抗炎症作用も充実。そして、量はたっぷりめ。こうした内容が気に入った方はチェックしてみては。

 

公式サイトをチェック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

初回限定999円


商品購入ページへ

 

-シミ対策
-

Copyright© ハイドロキノンの選び方 , 2019 All Rights Reserved.